てこずったが

水彩用イーゼルの改造

洗濯ハンガーの流用部分を一部ステンレス線に変えたりしてた

しかし、このステンレス線は曲げるには大変

 

反発力が強くて、洗濯ハンガーの鉄のワイアーを曲げるのとは大違いだった

おもちゃのような万力とカマボコ板、それとカナヅチだけが道具だから苦労した

 

が、寸法の誤差も想像以上に小さくできたと、ちょっと自慢してみる

 

別に前のままでもいいんだけど、どうもあのハンガーの青いビニールカバーが不満で。。。

世の中でも、こんな動機で変更される製品があるだろうな

 

と、無駄に見えそうな努力を弁解してみる

 

出来上がったら想像以上に感じがいい

苦労したかいがあったぜ

 

と、自分をなぐさめて今日は終わり

 

(工作の水彩用イーゼルのギャラリーも画像追加しました)