慣れない

関西に出てきてもうちっとで半世紀

でも、まだ慣れないものがある

 

そこらじゅうでセメントを意識してしまう風景

これが苦手なんだな

 

なんせ、肥やしのせいか、ちょっと臭い砂地の畑とか

日本海の浜とか

そんなところを走り回ってたし

 

ちょっとしたところでも誰も草なんか刈らないし

町を少し離れた松林、人なんかとほとんど会わないし

 

つまり、ド田舎育ちであるために

いまだに写真のような風景はどっか落ち着かない

田園風景に比べて、親近感がまったく違ってしまう

 

子供のころに金沢へ行くときのように、服もちゃんとしたのを着ていかないと駄目みたいな

こんな風景だと、そんなソワソワ感をいまだに心のどこかで微妙に持ってしまう田舎モン

困ったもんだ

すぐ脇の高層住宅群を見ても、生活する街というイメージをどうしても忘れてしまう

 

それと、昨日の電池の記事

ノートパソコンの電池をどこにしまったか。。。

まだ見つからん