家の形

昔はプレハブメーカーといった

けど、だんだん高級志向が強まり、ハウスメーカーと呼ぶようになった

すばらしい住宅を提供している

 

こういうハウスメーカーの家が出来始める前

出張とかであっちこっち回ったときに家を見るのも楽しみの一つだった

地方地方、極端なことを言えば村や町単位で家の形に特徴があった

 

まるで、そのあたりを一人の棟梁が全部しきっているような形

そういう家の並びであるけど、どこか変化がある

でも大きく違わないからそれなりに落ち着いた統一感があった

今なら外国の統一された印象の町並みを見るような気持ちと同じかな

 

いつのまにか、そういうところにもハウスメーカーの家が入り込んできた

若い世代には昔ながらの家は抵抗感があるのだろうね

その結果、どこへいっても風景が似たり寄ったりで、雑多な印象

 

里山というか日本の自然とそういう家はどこかイメージが合わない気がして落ち着かない

私が育った海べりの小さな町でもそんな感じ

住宅の強さを木質だけでなく要所要所に鉄材をつかったりするから安心感があるのだろうね

 

通りすがりの感傷のような今日のような記事は確かに住んでいる人にとっては腹が立つだろうな

そういう家の選択をけなすつもりはない

ただ、本当に絵にならない風景が増えたことが言いたいだけ