空の形

いつの間にか、テレビのアンテナが屋根から消えてケーブル配信に

電話線は光にかわって、こうしてインターネットもできるようになった

電気も当然、それぞれの家に引き込まれている

 

携帯電話を持っていても家の固定電話はまだ廃止していないだろう

かくして、一つの家に光回線、ケーブルテレビ、電気と最低3本の線

故郷なんかと違って建物が込み入った下町

空の形はすごいことになってしまった

 

毎日、上を見上げて歩くわけではないからほとんど気づかない

でも、これはもう異常だと思わないかい

家から5,6分歩いたところの眺めだけど、すごいので思わず写したもの

 

電線地中化の声も以前のように大きくないし、高級住宅街や一部の市街地だけ実施

いまさらそんなことに金を使う余力がどこにもないから他はそのまま

そしてこれは次世代にそのまま残るんだろうね

もし、電線と電柱がなくなると。。。

 

 

ものすごいスッキリ

 

 

ときどき、こんなことを想像して下を歩いたりするけど

現実がすごすぎて。。。

結構、落ち込むな

 

日本人はおとなしいと言うけど、少しおかしいんでないかいと自虐的に考えてしまうね

歳とってから故郷に帰らなかったことを後悔してしまう眺めの一つ