いい時間を

久しぶりに院展を見させて頂いたが、気迫のこもった絵はいい

気の引き締まる思いを持ちながらゆっくりと歩いた

画集は、実際に見た印象と随分違うけど、眺めたときの気持ちを思い出すために買った

 

自分の志向はやはり日本画だとつくずく思う

でも、もう今から岩絵具を使っていけるようになるには人生の時間が足りないな

 

終わって、15階の屋上で大阪の眺望を

マンションなんかの高層階に住んだらこんな眺めなんだろうね

しかし、緑がひとつもない。。。

 

故郷から関西に来たころは、西宮にもまだ田んぼがあちこちあったけど、今は全部市街地になってるから、そんなものか

それにしても、高層からみたビル群のありようは壮絶としかいいようがない印象

 

これらが耐用年数すぎるごとにまた、再開発や再建築されるていくんだろうね

故郷でのほとんど変わらない風景、むしろ空き地がふえてたことを思うと、ここはある凄みを感じる

 

大阪の土地はお金の吸い取り紙だろかとショボイことを思ってしまったけど、すっかり気分転換終了