むかしむかし

むかし むかし

おらの育った町では、町民総出で松の木を植えたことがあった

町内ごとに幾つかの区画を分担して、年寄り、子供達大勢で汗してな

昼は握り飯で、それはそれは頑張って砂地に植えただよ

 

今から55年ほど前のできごとじゃ

ワシが小学校4年くらいだったな

今のようにスプリンクラーなんて気の効いた水やりなんてなく、雨だけが頼り

こころ細いじゃろ 

案の定、植えて8年ほど過ぎたころには、おおかた枯れてしまってた。。。

 

よせばいいのに、そんな惨状をバカ丁寧に描いて残したアホがいた

それがワシだ、文句あるかと開き直るつもりはない

こんな古い話ばかり読ませて御免なと謝りたいだけだ

というかネタがきれたのじゃ

 

今も、松の木を描いているから、松には世話になりっぱなし

木登り、秘密基地作りや、なんだかんだと色んなシチュエーションで身近だった木

子供時代からずっとつながった記憶がそうさせるのかも

 

全く関係ないけど、絵のずっと奥のほうに松の木ごしに見える煙突のようなもの(煙突なんだけどな。。。)

そこから右手に幾らか行くと、松井秀喜選手の実家があるあたりになる