今は

これを書いている今は夜、でも世界のどこかは昼

そして、今頃、ライオンが小さな動物の命を奪った瞬間か

 

命をつなぐために命をとられる連鎖の切れない流れ

人も同じように他の生き物の命でつながる流れ 

明日も同じように訪れるだろう

 

人間だけが命をつなぐためではなく、それも人の命を奪う

人間だけが奪われたものに涙を流す、そのとき、あるいは思い出して

 

殺意という意志があるかないかで、命を奪った罪をまぬがれることもある人間界の掟

殺された人たち、自己責任なのだろうか

 

人間だけが奪われたものに涙を流す、そのとき、あるいは思い出して

アメリカの銃の乱射事件、犠牲になった子供達の親は本当に辛い状態で今年を終える 

 

今の世界

そんなことで命を落とさなかっただけ良かったと

そんな涙も、新たに生まれている今という時代

 

こんな曲を聴いて、ふと涙したけど、その涙の色んな意味を考えてしまう