街へ

三宮へ買い物に

冬の雲が急ぎ足で通り抜けていく空

光の安定しない今どきの日中

きっと、サンタもこんな風にのって先日我が家を素通りした筈

 

そんなことはおいといて、雪のない神戸はありがたい

故郷は今、一面の雪

うんざりする雪の季節の始まり

何ともいえない憂鬱な感覚で過ごす1/4年の月数

 

雪景色を綺麗なんていうのは観光客の特権かもしれんな

子供のころ、雪のない地方が本当にうらやましかった

 

でも、長く住むと、神戸の六甲おろしもそれなりにつべたい

子供時代、あんなにあこがれた冬にズックでコンクリートの道を歩くこと

できるようになったけど、この寒さで出かける回数を間引いている

ズックからスニーカーに変わったのに、もったいないの