電卓と構図

もともと水彩を描くときには日本画のようにしている

 

スケッチをベースに、下絵をつくり、これで構図を色々検討

それから、本下絵を制作

それを水彩紙に写しこんで、彩色して完成

そんな手間のかかる描き方を本来はしている

 

構図の検討で、画面の分割とかに役立つプログラム電卓

√2とか√3はいいとして他の比で割り算、掛け算もする

面倒くさいから、ごく小さいプログラムを入れて使う

何かの値を、同じ数値で×とか÷をいちいち操作しなくていい便利さ

 

重宝してる愛用機が、いつ動作しなくなるか?な状態になってきた

1982年購入だから、30年を超えて使ってきた名機 FX-602P

数回、分解して清掃したりして使ってきたが、もう無理だろう

 

プログラム電卓に慣れてしまってるから、新たに購入

プログラム電卓でもこの手のものは安くなってるな~

 

より能力のある電卓なので、例の統計研究のちょっとした計算にも使える

 

(次の更新は12日の予定)