いつかは

ガソリンスタンドの洗車風景

黄砂とか多い、今は大変かもと思い通り過ぎた

 

で、ふっと思ったこと

 

例のソーラー発電

あのパネルも同じように汚れていく筈

 

そのうち、表面にうっすらと汚れがこびりついてくるのでは。。。

 

そうなると天気が良くても薄曇り状態の発電量。。。

埃の多い都市部は厳しいな

 

大気汚染の飛来もまだまだ続く

炭素系の煤が多いと、光の遮蔽効果も増すから余計まずい

 

いつかは 

ソーラーパネル洗浄のチラシが入るかも (

 

何年も何年も野ざらしで、ワイパーもかけず、一回も洗わない車のフロントガラスがつくる

見てみたいもんだな

 

今の発電効率のパネルでは汚れを想定してなくても投資回収に10年ほどかかるとか

まだ落とし穴がありそうで信用できん  (

 

:この記事を書いてから「 太陽電池  汚れ  」で検索したら、関連記事が出る出る

  もう既に、洗浄や汚れ防止のコーティング処理がビジネスとして生まれていた

  不要というところもあるかと思えば、低下するとはっきり言うところなど色々

 

  黄砂や都会の油分を含む汚れは、いずれにしてもやっかいな汚れのようです

 

(次回更新は30日の予定)