冬の記憶

さぶい
こんなときに思い出す遠い記憶

 

小学校へは木の橋をわたる

日本海はすぐ近く

 

冬は大人たちが橋に風よけのヨシズをかける

真冬、日本海の強風は寒さを通りこし

橋の上は少し歩くだけで、手がしびれて痛くなる

 

そんなとき

そのヨシズのところは吸い寄せられ

別世界

 

今でも覚えている体感記憶

 

無風は暖か~い

 

毎年、耳はあかぎれでカサブタだらけ

おかげで少し変形した耳

橋の上は耳がちぎれそうだった

 

子供たちを見ると

そんな昔を思い出す季節

 

次は16日の予定