どうなるんだろな

子供のころ

本を買うほどの余裕がなかったのか雑誌は正月だけ

 

親戚の囲炉裏の横でよく毎月の本を読んだ

小さな振り仮名があるので読めるから一気によんで

夕方、頭がクラクラしながら帰った記憶が残る

 

今日はそんな記憶で思うこと

最近、何かと電子ブックの文字が目に入る

 

遠い将来、子供が遊びに行っても本が読めるだろうか

子供と、大人とかで一家に何台かの電子ブック。。。

 

もし、無造作においてあっても何の本が入っているか?

ふらっと訪ねて置いてある本を読む楽しみ

そんな時代はどうなるんだろうな

 

電子化でだんだんと物が形として見えなくなって

共有のものが激減するものが出てくるのかも

 

図書館も、期限がきたら自動消滅するデータを貸し出すセンター

返却しなくていいから、全国で数か所あればいいかも

地方、都会の区別なく知にふれられる、それはそれで素晴らしい時代だろうな

 

でも、子供がおきざりにならないようにしてほしい

 

次は28日の予定