大阪へ

先日、ある団体展を見に大阪へ

練達した筆さばきも見事な素晴らしい油絵

もし、買うならという視点で1点を決めた

 

絵を見て回って思うけど、画家と言う仕事は色彩が命

当たり前のことだろが、これが本当に難しい

 

ほれぼれする色使いと作品としての良さ

それをを同時に最高にしないといけない。。。

厳しい仕事だなという思いで帰ってきた

 

もう一つ、開催されている子供展はポスターを眺めただけ

そのポスターを多くの人がカメラに収めていた

厳しい写実でなくても、すごい存在感

 

これが日本の画家に欠けているような気がする

水彩でもやはりイギリスなんかではしっかりとものがそこにあると思う絵がおおい

 

日本は建物も草のような存在感しかないように感じる絵をよく見る

描いているけど、それがそこにしっかりと存在しているように見えない

同じような絵でも日本は微妙に違う

 

対象を突き放して見ることができないせいだろうか

ずっと悩み続けているだけに何かと自省にとらわれる大阪行きだった

 

次は2日の予定