古典のすごさ

蕭白の山水図屏風の線描のすごさ

こんな線を引ける画家は現代にはいないだろうな

 

先日にとりあえず終えた裸婦の絵

どうしても線のまずさが気になって仕方がない

そこで、ネットで色々と古典をあたった

 

そこでみた昔の日本絵画のすごさ

硬軟とりあわせた線描

 


 

 

 

伝源頼朝像の顔部分のアップ図

線も素晴らしいが、陰影がなくても十分成り立っている

 

日本には素晴らしいものがある

説明的すぎる西洋画に負けない力がある

 

こざかしい陰影なんたらという今の絵画時代

そんなものなんかくそくらえと言っているような絵

 

技法書を読んだりするより。良いものを見るほうがいいな

描くことも大事だけど。目を肥やすことがもっと大事

 

そんなことを思いながら、今せっせと古典の画像を収集

眺めてため息をだしている

 

そして

疲れたとき、ふっと自分の絵をみたときの落胆加減

ハンパでないわ

 

でも、がんばる

 

次は2日の予定