見つかるまでは

父の親あたりが明治時代後半に買って使ってたランプ

せっかく父の実家から貰ったけど、外のガラスグローブ部分を割ってしまった

 

錆で何を送ってきたのかという状態をようやく整備して再び古色が戻る

なんとか元の姿に戻したいと、色々と他の流用を考えたけどもう一つ

 

先日、骨董のサイトをみたらひょっとして使えるか?という感じ

そう高価でなかったので、とりあえず買った

(右の画像のウリのような形のガラス部分の単品買い)

 

う~ん、大きいかなと思うがとりあえずつけて飾ることにした

真ん中の細いガラス筒の火屋(ホヤ)のままだと上着無しみたいで飾れない

 

これで無いよりましになった

慣れたら気にならないだろ

 

元々ついていたグローブの単品をこれからもゆっくり探す予定

ネットはこういうとき本当に助かる

 

割れてからずっと探し続けてずいぶん経つ

同じような年数が必要なら長生きせんとあかん。。。